紳士的競馬予想
競馬予想中心のブログです。予想や競馬界全体のよもやま話など皆さんと楽しく過ごせたらと思っております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

月別アーカイブ

プロフィール

オジジアン:競馬好きな中年親父

LOVE in Action .

カテゴリー

最新記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

藤岡祐介

2008/01/07(月) 22:42:50
私自身、競馬は馬95%騎手5%程度に考えてますが、藤岡祐ってジョッキーどうですかね?
去年の阪神ジュベナイルで2着に突っ込んだレーヴダムールを見て、フ~ン追えるジョッキーだなと思ってなにげに見た名前が(藤岡祐)でした。
鳴尾記念、突っ込んできたハイアーゲームを確認してヨッシャー!と叫んでいました。馬券の事しか考えてなかったんですがよくよくみると、また(藤岡祐)でした。
気になってサーチすると、ナムラマース、ローゼンクロイツの主戦ジョッキーでしたね~。実はそこらも関心ないほど騎手には興味ありませんでした。
そういえばナムラマースのジョッキーがクラシック戦線で『俺の馬が一番強い』と言ってたのを思い出しますね~なるほどなるほど。
まだ21歳らしいし、新人賞も取ってるんですね。
物怖じしない性格と、インを突く勇気、馬群に突撃して強引に馬を連れてくる手綱裁き。
彼の乗り馬は”差してきた”より文字通り”突っ込んできた”って印象ですね。
侍より野武士と言う表現が似合いそうですね。
イマイチ決め手のない馬に彼が乗ってきたら要注意かも。
これからも馬券は別にしてもファイター藤岡祐介を応援しますよ。
競馬よもやま話記事全文トラックバック数:0コメント数:7
<< 1/12予想ホーム全記事一覧1/5~6結果 >>

コメント
アミの為の教育講座
勉強になります。
質問ですが、競馬中継でアナウンサーが良く、おりあいがつきました、おりあいにかけています。これってなに?。教えてください。
URL|アミ #-|2008/01/09(水) 19:50 [ 編集 ]
折り合い
馬は基本的に行きたがる動物です。しかしジョッキーがそのままハイペースで飛ばすとゴール前、息が上がって脚が止まってしまいます。
それを避ける為に騎手は手綱を絞り、ハミをがっちりかけて特に序盤は馬のスピードをコントロールしようとします。
これをいやがる馬は大きく首を振ったり、ジョッキーの腕が持っていかれたりするのですぐ分かります。これがいわゆる折り合いを欠いた状態です(つまり騎手の意図と違う状態のお馬さん)
いっぽう折り合いがつく(折り合った)お馬さんは騎手の思い通りのレースが組み立てられます。つまり騎手の心とお馬さんの心が一体になった状態(ここまでジッとしてさあ4コーナーからスパートみたいな)です。
例えば自分がマークする人気馬の後ろにつけて相手馬の追い出すタイミングを待って追い出すなどの芸当も可能になります。
まあ、どうしても性格的に荒くて折り合いが付けにくい馬は思い切って逃げたり、逆に馬群を離れた最後方から追い込んだりしますが。
ちなみに№1ジョッキー武豊はこの折り合いをつけるのがとても上手です。腕、肘、手首の関節がきれいに調和します。
たまに後ろから行き過ぎるのと、外からのまくりが多い為、批判を受ける事もありますが折り合いをつけた馬はそれなりに伸びてきて結果、彼は毎年のようにリーディングジョッキーを獲っちゃう訳ですね~~。

URL|オジジアン #-|2008/01/09(水) 22:25 [ 編集 ]
不思議
それが、解りません。1200オア2000オア3000自分の自己ベストで走れば?
URLアミ #-|2008/01/11(金) 20:45 [ 編集 ]
時計
例えば1㎞走るのに最初の100mを全力疾走したらどうなるでしょう?ゴールするのもやっとでたぶん1位じゃない事は確かでしょうね。
要はトータルのスタミナ配分をどうするかって問題なんですね~。
もっともアミちゃんが言う様な競走馬がただ一頭いたかも・・・サイレンススズカです。
ただ武ジョッキーはちゃんと彼と会話しながら乗ってたと思いますよ。
URL|オジジアン #-|2008/01/11(金) 23:50 [ 編集 ]

馬が全速力で走っている間は殆ど無呼吸だと思います。
で、競走馬が連続して無呼吸で走れる距離は概ね400m~800m位が限界じゃないでしょうか?
んで、限界を超えると馬も苦しいので呼吸をしながら走りますが、無呼吸の時とは比べ物にならないくらいスピードが落ちます。
これがオジジアンさんのおっしゃってる『息があがった』状態ですね(^。^)
騎手が馬の『限られた』全速力のマックスを長く引き出し、その状態でゴールする為には、道中で呼吸をさせ筋肉に酸素を沢山溜めさせることが大事だと思います。
当然、馬はこんな理屈は解ってないでしょうが、どの指示でどのように走るという事は調教されてますので、騎手がその指示を出せば基本的に従うと思います。
この、騎手の指示に従って走ってる状態が『折り合う』で、何らかの理由で従っていない状態が『折り合いに欠ける』『掛かる』だと思います(^_^;)・・・上手く説明できたかは自信ないです(-_-;)
サイレンススズカ・・・懐かしい~(^。^)
確かにアミちゃんの言う様な走りが出来たかもしれない馬でしたね(^_-)あの天皇賞でゴール出来てれば…まさにそんなレースだったような…
URL|とし #-|2008/01/12(土) 00:36 [ 編集 ]
なるほど
無呼吸ね!確かに人間も全力疾走の時は呼吸してませんものね。
分かりやすい援護コメントありがとさんです。アミの為の教育講座の講師に任命ですよ。
URL|オジジアン #-|2008/01/12(土) 01:22 [ 編集 ]
ありがとうございました。
勉強になりました。
直線400メートル、600メートルのレースもあれば面白いかな。
URL|アミ #-|2008/01/12(土) 09:38 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hatahata352000.blog49.fc2.com/tb.php/269-84a52eb6

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright(C) 2006 紳士的競馬予想 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。